無類の動物好きの友人の優しさに・・・・・

畑中君(猫ちゃんの話)
家庭菜園住みついたペルシャ猫に毎日食事を運んでいて 「可愛い猫だから見に来て」
度々の誘いに、対面をする事になり彼女の菜園へ、車の音を聞きつけ猫が現れた。

「この子、可愛いでしょう?」白のはずの毛色は鼠色、毛はよれよれで、笑ってしまった、
どう見てもかわいいわけがない 首を縦に振ることは出来ない、
「可愛いじゃない」を 彼女は繰り返す。

そんな事があって数日経ち、猫が居なくなったと寂しそうにしていて
雄猫は冒険に出るのだと猫談義、私は「元気でいなくなったんだから、良かったじゃない」
なんて 励ましにもならない冷たい言葉を返していた。

また それから数日、あの猫ちゃんがひどい怪我をして帰ってきて 入院をさせたと言う、
かなりの重症らしく そのままにしておけないのは彼女らしいと、納得

見てやって欲しいと病院に誘われ、お見舞いに?(何も持っていかない 笑う)
あの汚かった毛はサッパリと刈られ、ガリガリの身体に包帯が痛々しい、経過は良好と獣医さんの話を聞く、10日ほど入院し 後は通院治療でいろんな検査をするようです、
彼女は飼う気で居るようだ。

名前は「畑中君にしたから・・・・」 「フフフ 分りました。」
規則で動物を飼えない事に成っているが、彼女の優しさに免じてナイショにして居ょう。

こうして畑中君が誕生、救われる子もあれば、飼う事を途中で放棄してしまう人も、さまざまな人間模様を見せ付けられる。

飼い猫になった畑中君の人間不信はまだまだ癒えないでしょうが、幸せになる事は間違いなし、
入院中の写真もあるが、美男子(美猫)になったら皆さんにご披露いたします。
畑中君のママも之を見てるかも知れない・・・・

萩    彼女も好きな花、めでたく紅白で
e0040092_1454389.jpg
e0040092_14541851.jpg

# by mitikusa-tukasa | 2005-09-12 15:04 | 四季のお花・公園 | Trackback | Comments(14)

「道草」 の 名のように

散歩道で出会った「葛」の花、葉っぱばかりが茂り邪魔者扱いを受けている葛も
こんな鮮やかな花が咲く、葉に埋もれないように色と形で自己主張、
たくましい植物の根に 葛きりの元が偲んで入りなんて・・・・・
e0040092_23501816.jpg

キンミズヒキ   紅白の水引は知っていましたが「金」まであるんですね、
e0040092_081596.jpg

ハゼラン      サンジソウ、植えた覚えもないが毎年あちらこちらに顔をだすが
            憎めない花、
e0040092_0235673.jpg

# by mitikusa-tukasa | 2005-09-10 00:27 | 四季のお花・公園 | Trackback | Comments(9)

若返り成功

先の台風で切り戻した枝に 新しい花がつきました、
若返り効果抜群ですね、私にもこの効果適応しないかしら??
四年ものの古株です
ルリマツリ
e0040092_19562378.jpg

e0040092_1958109.jpg

ウチョウラン   でしたっけ?背丈20センチほどの小型です
e0040092_202578.jpg

# by mitikusa-tukasa | 2005-09-08 20:31 | 四季のお花・公園 | Trackback | Comments(12)