2017年 01月 30日 ( 1 )

                       いつもの畑に

                        先日は霜柱に心弾ませ、

                        今日は午後の畑を散歩、まだまだ春の気配は先のようだ
                        でも、おませな草花は春が待ちきれないようだ、辺りを伺うように顔を出し
   
                        キョロキョロ周りを伺ってる様だ。


町と畑の景色を分ける階段を下る
e0040092_17004562.jpg


狸の足跡だろう、以前話を聞いたことが有る
e0040092_17020346.jpg

薔薇の花も渋い色に
e0040092_17034127.jpg

オオイヌノフグリ
e0040092_17044012.jpg


e0040092_17052459.jpg

ミレーのご婦人と呼んでいた
この畑の主が使っていた道具が寂しそうに有る
e0040092_17055895.jpg


e0040092_17075290.jpg


e0040092_17082589.jpg


e0040092_17084888.jpg


e0040092_17092564.jpg

畑にそぐわない花が、日当たりが良くて
e0040092_17100373.jpg


e0040092_17112361.jpg
青空を背に帰路に就く


                        

by mitikusa-tukasa | 2017-01-30 17:12 | 我がまちの四季 | Trackback