横浜そぞろ歩き 1

横浜開港150年、一番長く住んでいる街の歴史を尋ねてみようと
古い横浜の街を歩いてみました、
運上所(今の税関)の西は日本人の商業地域、東は外国人の居留地に分けられたようです
今回は商業地域を歩いて見ます

生糸を中心に各地から出店された商店が出来、其れに伴い銀行が出来る
今のアンテナショップのような物でしょうか


       館内駅から出発です、横浜の守り神横浜弁天社
       神仏分離令により分けられ尊体は増徳院に、弁天は羽衣町に、
       今ではビルの谷間埋もれています
e0040092_22173047.jpg


       伊勢崎町ブルースで知られた町を横に見て、中は吉田橋 鉄の橋と呼ばれていた
e0040092_2228131.jpg

       
       伊勢崎町
e0040092_22382132.jpg


       右 商業地域   左  居留地     
e0040092_22383631.jpg


       馬車道には日本初めてのものが数々
       街路樹、ガス灯
e0040092_22451262.jpg


       
e0040092_22434793.jpg


       アイスクリームを売った初めての店後がここ (どうして親子の像なの?)
       カメラ店もここが始めて
e0040092_22503485.jpg



e0040092_2257282.jpg
  
     
e0040092_22555021.jpg


e0040092_22561998.jpg

by mitikusa-tukasa | 2008-08-28 21:58 | 横浜散策 | Trackback
トラックバックURL : http://mitikusat.exblog.jp/tb/8533467
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 今日から九月 横浜そぞろ歩き  2 >>