文学都市かまくら

                         鎌倉文学館の薔薇が見頃と知り、行って来ました。

                         昭和時代に入ると、東京からの交通の便も良くなり、
                         多くの文学者が鎌倉へ移り住むようになりました。
                         鎌倉暮らし、仲間との集い、鎌倉の自然を愛し、
                         作品に描いた文学者たちの思いが、鎌倉を文学都市へと高めたのでしょう。

                         今もなお多くの文学者が鎌倉に暮らし、活躍されてます。
                         三島由紀夫の小説「春の雪」に登場する別荘はここをモデルに書いています。


                         
                                   緑深い小路、世界を分けるようなトンネル  
e0040092_15564093.jpg


空気が違って来ます
e0040092_16003324.jpg


薔薇が咲き誇り華やか
e0040092_16013549.jpg


和風と洋風が混在した別荘
e0040092_16031523.jpg


テラスから
e0040092_16070984.jpg


e0040092_16081795.jpg


e0040092_16092924.jpg
鎌倉文学館を後にして 鎌倉小町通りに
少し広くなった小町通りですが、人の多さにウンザリです、
若者が多く成り店の様子も変化してきました。

チョット気になったフクロウに会って帰る事にしましょう。
鋭い目
e0040092_16190558.jpg



e0040092_16200979.jpg



e0040092_16204603.jpg



e0040092_16213636.jpg


e0040092_16223061.jpg



e0040092_16231379.jpg


e0040092_16243607.jpg



e0040092_16254989.jpg


e0040092_16270373.jpg
チョッピリ、フクロウに癒されて
コヒータイム、一服して帰りましょう



by mitikusa-tukasa | 2016-05-17 16:30 | 鎌倉散策、江の島 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://mitikusat.exblog.jp/tb/24387824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kagosima-e at 2016-05-17 20:36
TUKASAさん こんばんは~!

鎌倉文学館、三島由紀夫の小説の舞台にもなった由緒ある建物なのですね。
明治?大正どの時代に建てられたのでしょうか、
和洋の良いとこどりの素晴らしい建築物ですね。
前庭に咲き誇るたくさんのバラの花、この季節だけの景色ですね~!

沢山のフクロウを見せていただいて興奮しています。
すぐ次女にメールして、TUKASAさんのBlogを検索するようにと
教えてやりました。
孫のHaは、フクロウ好きで、福井から東京のフクロウ喫茶で
フクロウと会うために上京するくらいなのです。
丸い鋭い目や、少し眠そうな目のフクロウ、
正面や横を向いたりいろんな角度から写していただき
見ごたえがあります~!バックの木々のせいで
自由に木に止まっているように見えましたが
足の部分には鎖らしきものも見えて、飼われているのだとわかりました。
長くなってしまいました。すみません~~。
Commented by harukoma68 at 2016-05-17 21:07
TUKASAさん、こんばんは。
昭和の頃、
鎌倉は多くの文学者が移り住んだり別荘を求めたりした地なのなのですね。
季候も良いし海もありほどよく和と異国情緒がとけあったその街は
よい文学材料があふれ出す格好の地だったのでしょうね。
なんとなく神戸の街と似たところが4ありますね。
海のある街には昔から文化が栄えてきた理由が分かるような気がします。
Commented by miki at 2016-05-17 21:42 x
TUKASAさん、コンバンハ~

鎌倉って独特な雰囲気のある街ですものね
文学館に向かうトンネルや門扉が良い雰囲気を醸し出してますね
和洋折衷の建物って言うのが良いです~
この場所に合ってるような・・・
その建物の前庭にバラ園が・・絵に描いたようです
モミジのシルエットも好きです♪
フクロウをこんなに間近に見られるなんて(@_@;)

見せて下さって有難うございました~
Commented by mitikusa-tukasa at 2016-05-17 23:32
   ☆ 鹿児島おばちゃん、こんばんは

この建物は明治23年頃、加賀藩主前田家別邸だそうです、
三階建ての洋館です、中は撮影禁止で撮ることが出来ませんでした。

フクロウは木に繋がれ飛ぶ事も出来ず、おとなしく繋がれて居るのです。
でも、良い表情をしてるので安堵しました。
 
Commented by mitikusa-tukasa at 2016-05-17 23:40
   ☆ はるこまさん、こんばんは

気候も温暖で、景色も良く、東京にも近く絶好の地でしょうね、
文豪の集いも華やかだったと想像します。

今は、文学館で季節毎のイベントが開かれてます、
湘南の海を見渡せる絶好の地です。
Commented by mitikusa-tukasa at 2016-05-17 23:53
   ☆ mikiさん、こんばんは

鎌倉は雰囲気の有る古都、時間が有ると出かけたくなる地です、
このトンネルをくぐると雰囲気が変わります、
文学者の集う舞踏会など、華やかな頃が伺えます。

ギャラリーには文学に関した展示も有ります。
Commented by ビーコ at 2016-05-18 08:47 x
TUKASAさん おはようございます。
鎌倉に 素敵な別荘やフクロウを見れる所が
有るのですね~ 初めてです。 
神戸には ポートアイランドに花鳥園が有り
色々な鳥が飼われます。久しく行ってなくて 
フクロウの画像を見せて頂くと
会いに行きたく成りましたよ(*^^)v
Commented by mitikusa-tukasa at 2016-05-18 17:25
   ☆ ピーコさん、こんにちは

今日は全国的に良いお天気の様ですね、午前中はテニスでしたが暑かった~
之からは日焼けで大変です、これ以上黒くなるとね(^_^)

鎌倉の小町通りにフクロウを見せる所があるんですよ、小さなところでガッカリでしたが、
近い所で写真OK、之は有難いです、私も初めてでした。

ポートアイランドに花鳥園が有るんですか、いろんな施設が有るんですね、
ナイトクルーズをTVでしてましたよ、之からは夕涼みに良いですね。
Commented by みどり at 2016-05-18 18:01 x
TUKASAさん、こんにちは
今日は久しぶりに横浜までお出かけをして、人混みは疲れます。

TUKASAさんは鎌倉まで、お元気ですね。
鎌倉文学館に行って見たいと思いながら、まだ叶わぬ願いです、
雰囲気の良い建物ですね。

小町通りにフクロウを見せる所があるんですか?
随分行って無いので街の様子も変わっているんでしょうね、出不精になり浦島太郎状態ですよ、
TUKASAさんに見せて頂くので、何とか付いて行ってます。
何時も有難いです。
Commented by おかめ at 2016-05-18 21:15 x
TUKASAさん、今晩は♪

 三島由紀夫の豊饒の海の「春の雪」に出てくる別荘はこちらがモデルですか?
あの小説は四部作で「春の雪」は一番読みごたえがありました。
この別荘だったのですか…。
バラの咲き具合、建物とのバランスが良いですね。
昔の建築は趣がありますね。
小町通も昔と変わったでしょうね。
見せて頂いて有難うございます♪
Commented by mitikusa-tukasa at 2016-05-18 22:53
   ☆ みどりさん、こんばんは

小高い所に建つ趣の有る建物です、文豪たちの手紙などが展示され
文字からもお人柄が想像できますよ、さほど広くも無いので大丈夫ですよ。
駐車場の無いのが困りますがね。

小町通りもお店の変化が、若い方や外交の観光客が多くて
昔の趣が消えてます、賑わってますがね、たまにはお出かけください。
Commented by mitikusa-tukasa at 2016-05-18 23:11
    ☆ おかめさん、こんばんは

この文学館には文豪たちの自筆の手紙などが展示されてます、
明治の頃にタイムスリップ出来ますよ。
鎌倉文士たちの足跡に出会えます、明治時代には夏目漱石、島崎藤村もここに足を運んだようです、
文学好きな方には魅力いっぱいな所でしょうね。

小町通りも少し道が広がりオシャレなお店が並びます、
今、人気の食べものの店が多いです、若い方に人気が有るようです。
Commented by Akiko.H at 2016-05-19 14:05 x
五月晴れのよいお天気が続いていますね。
小町通にフクロウの館があるんですね。知りませんでした。
フクロウは夜行性?昼間は小町通の雑踏はあまり気にならないのでしょうか。
文学館、バラが満開、みごとですね。秋のバラ園もまたいい雰囲気です。
数年前、カラマーゾフの兄弟のテレビドラマがあったのですが、
やはりここが舞台でした。あの石のトンネルをくぐると空気が変わるような
気がします。
Commented by maphananikki at 2016-05-19 14:40
TUKASAさん、こんにちは♪
かまくらにはこういう場所もあるのですね。
文学館の建物とバラが調和して素晴らしい眺めになっていますね。
樹木に囲まれて山の中と言う雰囲気です。
もともとは知名人の別荘だったところなんですか?三島由紀夫?
フクロウがいるのはcafeですか?
つい先日テレビで札幌にフクロウカフェがあると紹介されていました。
フクロウカフェって人気なのかしら・・・
Commented by mitikusa-tukasa at 2016-05-19 22:18
   ☆  Akikoさん、こんばんは

フクロウは思ったより小さな部屋で、木に繋がれて人にも慣れて居て可愛いですが、
想像していたのとギッヤプが有りすぎて驚きました。

以前、 Akikoさんも行かれましたね、
トンネルを境に別世界で、鎌倉文士たちの営みを感じます。
Commented by mitikusa-tukasa at 2016-05-19 22:33
   ☆ mapさん、こんばんは

鎌倉文学館は加賀藩主前田家の鎌倉別邸で、明治に類焼し洋風に再建されたようです。
湘南の海を臨む高台に有ります、鎌倉は山を背に前は海の観光地です。
雰囲気の有るまちですよ、いらしてください。

最近、フクロウカフェが増えましたね、女性に人気が有るようです、
大人しくて可愛い目をしてますよ。
Commented by ikutoissyo at 2016-05-20 21:58
鎌倉へはもう15年は行っていない気がします。
この文学館は、2度ほど行っていますが、バラの季節ではありませんでした。
サーフィンをやる次女は、鎌倉に住みたいなどと言っていますが、止めておきなさいと言っています。笑

昨日1泊で横浜で遊んできました。
グランドホテルの新館15階でしたので、眺めがよくて快適でした。
Commented by mitikusa-tukasa at 2016-05-20 23:06
   ☆ domaniさん、こんばんは

鎌倉周辺は奥が深いです、歴史の有る街ですものね、
私もまだ行きたい所が、季節が変わると趣も違いますからね。

お天気も良く横浜の夜も素晴らしかったでしょう、どの様な所で遊ばれたのか?
楽しみにしてますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<<                ...                ... >>