テーブルウェア・フェスティバル2012  1

東京ドームで開かれている、暮らしを彩る器展に行って来ました

幾世紀も受け継がれた伝統のある器、おもてなしの心を演出する器

それが和の器であれ、洋の器であれ、人を迎える心は今も変わらない

見事にセッティングされたテーブルは、センスを表現するアートにも見える

心の豊かさを備蓄出来れば、ここに来た意味もあると思うのだが・・・



                            特別企画     ロイヤルに愛された器たち
e0040092_1748429.jpg




e0040092_17501581.jpg




e0040092_1811379.jpg



                            
e0040092_1814553.jpg




e0040092_1815691.jpg




e0040092_17503940.jpg




e0040092_1833373.jpg




                             彩りの暮らしの提案
e0040092_1881164.jpg




e0040092_1883821.jpg




e0040092_1885863.jpg




e0040092_1891791.jpg




e0040092_1894581.jpg




e0040092_1895827.jpg



                              満田 久子さん
e0040092_20433894.jpg



e0040092_20434948.jpg

         今年の提案者のテーブルセッチングはシンプルだったような
         次回もお付合いくださいね
by mitikusa-tukasa | 2012-02-10 21:14 | 美術館・その他 | Trackback
トラックバックURL : http://mitikusat.exblog.jp/tb/17351828
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< テーブルウェア・フェスティバル... 立春とは名のみ・・・・・ >>